Le me we キュアサプリ「流」

STEP1:クレンジング、泡洗顔、スクラブ、パック

主な成分

  • 沖縄県産海シルト

    沖縄県産海シルト

  • 南米産シキンノリ

    南米産シキンノリ

  • 北海道産 褐藻エキス(ガゴメ)

    北海道産 褐藻エキス(ガゴメ)

  • 三重県産サガラメエキス

    三重県産サガラメエキス

  • 北海道産 鮭卵巣膜 プラセンタエキス

    北海道産
    鮭卵巣膜 プラセンタエキス

  • ブルターニュ産クリスマムマリチマム幹細胞

    ブルターニュ産
    クリスマムマリチマム幹細胞

使い方

  1. 小さじ2/3杯の量を手に取り、水またはぬるま湯をほんの少し加え、洗顔料を中心からパック剤のように伸ばす。
  2. 皮脂が出やすい小鼻、口周り、あご下を中心に中指と人差し指で軽くマッサージ。
  3. 水またはぬるま湯を加えて、洗顔料をもっちりとした泡状にし、下から上、中心から外側へ泡を動かしながら泡でマッサージ。
  4. 肌をこすらないよう、水かぬるま湯で、下から上、中心から外側へと洗い流す。
  5. タオルで顔を覆い、アゴ先から両頬、額へと両手を使い、押さえながら拭く。

※ポイントメイクは、中指の腹を使って軽く左右に動かせば、泡の力で落ちます。

※人間の口に入れられる海由来、海浜由来、植物由来成分を生に近い状態で配合しておりますので開封後は消費期限1ヶ月でご使用ください。

動画の使い方はこちら

美肌メモ

1カ月で「流」が使い切れない場合、お風呂でボディの洗浄料としてお使いください。

商品概要

内容量Le me we キュアサプリ流 <クレンジング> 100g
香りローズの香り
発売元有限会社渡辺メイクアッププロモーション
東京都港区六本木4-5-2 MW 六本木ビル
製造販売元幸愛化学株式会社
兵庫県神戸市中央区港島南町5-2-8
製造日本製

成分

由来表示名称主な成分の働き
水(深層水含む) 化粧品に用いられる水は、水道法による水質基準に適合した「上水道水」を原水とし、イオン交換樹脂を通した「精製水」を使用しています。水は物を溶かす性質があり、保湿成分や柔軟成分、増粘成分、皮膜形成成分などの成分を溶解するため(溶剤と言います)、化粧品の基本成分として使われます。
グリセリン 高い吸湿性と保湿効果があり、化粧品には主に保湿・湿潤剤や保水剤として配合されています。また粘度低下剤、ヘアコンディショニング剤、変性剤、保護剤、香料、溶剤などとしても配合されます。透明石鹸の透明化剤としても配合されます。
ミリスチン酸 油脂中に存在する脂肪酸の一つです。アルカリ剤とともに配合してミリスチン酸石ケンとしたものは泡立ちや洗浄性に優れ、おもに石ケン、ボディーシャンプー、洗顔料やシェービングクリームなどに使われています。
ステアリン酸 油脂中に存在する脂肪酸です。石けんの主成分として使用されたり、クリームの成分として、のびをよくしたり、なめらかな使用感を出すのに使用されています。
水酸化K pH調整剤、酸の中和剤として使われる成分で、強いアルカリ性を示します。角質を柔らかくする働きがあります。
パルミチン酸 油性基剤、粘度調整剤としてクリームや乳液に配合される他、アルカリ成分と中和して石ケンを作り、おもに洗顔クリーム、洗顔フォームなどの洗顔料やボディーソープに使われています。
ラウリン酸 油脂中に存在する脂肪酸です。アルカリ剤で中和して得られる石ケンは泡立ちに優れた成分です。おもにシャンプーや液体石ケン、洗顔クリームなどに使われます。
PEG-75 水によく溶け、製品の品質を安定させる効果の高い成分です。シャンプーや石ケンをはじめ、クリーム、乳液などに使われています。
ソルビトール 保湿効果のある糖成分です。清涼な甘味があり、保湿剤や増粘剤として種々の化粧品に使用されています。水の吸収と排出を緩慢に行う性質を持ち湿潤剤として優れた効果を発揮します。
グリコシルトレハロース デンプン加水分解物の還元末端をグリコシルトランスフェラーゼでα-1,1結合させて得られる成分です。優れた保湿効果を示し、ベタつかず、皮膜感のある感触を与えます。
ジステアリン酸グリコール 油分の増粘作用を持ち、光沢や乳濁感を与えることができる油性成分です。シャンプーやリンスなどヘア製品をはじめ、スキンケア製品、メーキャップ製品全般に広く使われてます。
泥灰岩 海シルト 海底に蓄積された粘土です。皮膚のくすみの原因となる古い角質や、毛穴の汚れなどを吸着して取り除く作用が期待されています。また海洋由来のミネラルを豊富に含んでおり、保湿作用にも優れています。
BG べたつきが少なく、さらっとした感触を持つ成分です。肌にみずみずしいうるおいとはりを与えるために、クリーム、乳液、エッセンスなどのスキンケア製品に配合されています。植物エキスの抽出溶媒としても使用されています。
加水分解水添デンプン 酵素反応させたデンプンに水素を添加して得られた保湿剤です。肌・髪の感触向上剤として、グルコシルトレハロースと併用した形で用いられます。
ステアリン酸グリセリル(SE) ステアリン酸とグリセリンから作られる物質で、弱い界面活性力を有する自己乳化型の界面活性成分の一種です。肌をなめらかにし、乾燥などから保護する作用があります。乳化成分としておもにクリーム、乳液、メーキャップ製品などに使われています。
ヤシ油脂肪酸PEG-7グリセリル ヤシ脂肪酸グリセリルに酸化エチレンを付加重合したものであり、若干の特異臭を持っています。エモリエント剤の他、乳化剤やクレンジング基材として広く使用されています。
シキンノリ シキンノリ 紅藻類の一種であるシキンノリです。ソフトなスクラブ感があり、ゲル水系の化粧品に混合することにより、新鮮な海藻色が得られます。増粘剤としても使用されています。
ガゴメ ガゴメエキス 褐藻類の一種、ガゴメから抽出されたエキスです。ガゴメには、粘弾性(ぬめり)がある酸性多糖「F-フコイダン」が含まれ、肌に非常になじみやすくしっとりとした感触の持続が期待されています。化粧品では保湿剤として主にスキンケア化粧品に配合されています。
サガラメ サガラメエキス サガラメから抽出されたエキスです。サガラメには、細胞間脂質の主成分であるセラミドや、天然保湿因子の元となるフィラグリン促進作用が期待されています。化粧品では保湿剤として主にスキンケア化粧品に配合されています。
サケ プラセンタエキス 動物の胎盤から得られるタンパク質です。肌のハリ、キメを整える作用の他、美白作用が期待されています。化粧品では保湿剤として主にスキンケア製品に配合されています。
クリスマムマリチマムカルス クリスマムマリチマムカルス培養液 クリスマムマリチマムのカルスの培養液をろ過した成分です。クリスマムマリチマムには必須アミノ酸、不飽和脂肪酸であるリノール酸、オレイン酸など細胞の成長に必要な要素を豊富に含まれているとされ、エイジングケア作用が期待されています。化粧品では保湿剤として主にスキンケア化粧品に配合されています。
アルゲ アルゲエキス 海藻から抽出されたエキスです。海藻にはミネラルが豊富に含まれており、セラミド生産促進作用、フィラグリン産生促進作用が期待されています。化粧品では保湿剤として主にスキンケア化粧品に配合されています。
ツボクサ ツボクサエキス ツボクサから抽出されたエキスです。抗炎症作用や、コラーゲン合成促進作用が期待されています。化粧品では保湿剤として主にスキンケア化粧品に配合されています。
オウゴン根 オウゴン根エキス コガネバナの根(オウゴン)から抽出されたエキスです。オウゴンにはフラボノイドなどが含まれており、メラニン生成のファーストプロセスであるエンドセリン-1の産生を抑制する作用があるとされ、美白作用が期待されています。化粧品では保湿剤として主にスキンケア化粧品に配合されています。
イタドリ根 イタドリ根エキス イタドリの根から抽出されたエキスです。イタドリには、有機酸、糖類、タンニン類が含まれており、収れん作用や肌のキメを整えるを作用が期待されています。化粧品では保湿剤として主にスキンケア化粧品に配合されています。
カンゾウ根 カンゾウ根エキス カンゾウ(甘草)の根から抽出される成分です。甘草にはフラボノイドやグリチルリチン、グラブリジンなどが含まれており、肌荒れ防止作用、抗酸化作用、美白作用等が期待されています。化粧品では保湿剤として主にスキンケア化粧品に配合されています。
チャ葉 チャ葉エキス チャノキから抽出されたエキスです。チャ葉には、ポリフェノ-ル(カテキンなど)、カフェインなどを含んでおり、痩身作用、消臭作用など、様々な作用が期待されています。化粧品では保湿剤として主にスキンケア化粧品に配合されています。
ローズマリー葉 ローズマリー葉エキス ローズマリーの葉から抽出されたエキスです。ローズマリーにはフラボノイド、タンニン類が含まれており、収れん作用、抗炎症作用が期待されています。化粧品では保湿剤として主にスキンケア化粧品に配合されています。
カミツレ花 カミツレ花エキス カミツレの花から抽出されたエキスです。カミツレにはフラボノイド等が含まれており、収れん作用、血行促進作用が期待されています。化粧品では保湿剤として主にスキンケア化粧品に配合されています。
ポリクオタニウム-51 生体細胞膜構造に着目して合成されたリン脂質系の高分子ポリマーで、ヒトの細胞膜と同様のラメラ構造を形成しています。高いバリアー性があり、肌荒れを防ぐ効果や毛髪保護効果に優れています。また、高い吸保湿性があり、保湿の持続性にも優れています。
加水分解ローヤルゼリータンパク ローヤルゼリーから得られるタンパクを酸、酵素又は他の方法により加水分解して得られた成分です。コラーゲン精製促進作用があるとされ、あれ肌改善作用、刺激緩和作用が期待されています。ハり、ツヤのある健やかな肌を保ちます。
グリチルレチン酸ステアリル 古くから生薬として知られているカンゾウ(甘草)の根または茎から抽出・精製したグリチルレチン酸とステアリルアルコールとのエステルで、油によく溶けます。甘草には消炎作用があり、肌荒れの有効成分として薬用化粧品に使われています。
ココイルグルタミン酸TEA ココイルグルタミン酸とトリエタノールアミンの塩です。優れた泡立ちと洗浄力を保つマイルドなアミノ酸系の界面活性成分です。皮膚と同じ弱酸性で、洗い上がりの感触がなめらかです。主にシャンプーや石ケン、洗顔料などに使われています。
ヒドロキシプロピルグアーガム グアーガムのプロピレングリコールエーテルです。増粘および製品の乳化安定のほか、保湿効果、滑らかなタッチ、きめ細かい泡立ち等の性能が得られます。
ペンテト酸5Na 泡立ちを悪くしたり、製品を変質(変色や変臭など)させる原因となる金属イオンを封鎖する成分で、変色防止や酸化防止のために使われます。
フェノキシエタノール グリコールエーテルの一種です。緑膿菌(Pseudomonas aeruginosa)に対して殺菌作用を持ち、様々な製品に防腐剤として配合されます。
センチフォリアバラ センチフォリアバラ花油 センチフォリアバラの花から得られる精油です。センチフォリアローズは、トゲのある落葉少低木で、香りと同様に美しい花を5月から6月にかけて咲かせます。ダマスクローズに比べて花弁の数が多く、キャベツのようにも見えることからキャベッジローズとも呼ばれています。
ダマスクバラ ダマスクバラ花油 ダマスクバラから得られる精油です。ダマスクバラはアロマセラピーやマッサージオイルに配合するための精油などとして使用されています。甘くエレガントな魅惑的なバラの香りが特徴です。
銅クロロフィリンNa クロロフィルとも呼ばれる成分で、緑色植物の細胞に含まれている緑色の色素に由来する成分です。細胞の葉緑体の中にあつて炭酸同化作用を行います。着色剤として使用されています。

※成分名中の()は表示名でない場合があります。
※成分の特性であって、化粧品の効能・効果を示すものではありません。

ご使用上の注意

  • お肌に異常が生じていないかよく注意してご使用ください。お肌に合わないときはご使用をおやめください。
  • 傷やはれもの、湿疹等、異常のあるときは、お使いにならないでください。
  • 使用中又は使用後に、赤み、はれ、かゆみ、刺激、色抜け(白斑等)や黒ずみ等の異常が現れたときは、使用を中止し、皮膚科専門医等へご相談ください。
     そのまま使用を続けますと症状が悪化することがあります。
  • 目に入らないようご注意ください。目に入った場合は、こすらずすぐに洗い流してください。目に異物感が残る場合は、眼科医にご相談ください。
  • 極端に高温、多湿または低温の場所、直射日光のあたる場所には保管しないでください。
  • 乳幼児の手の届かないところに保管してください。
  • 天然由来成使用のため、色や香りの変化や、少量の沈殿が生じる場合がありますが、ご使用には問題ありません。
  • Le me we キュアサプリ流<クレンジング>とLe me we キュアサプリ活<美容液>に含まれている緑色の粒は、シキンノリ(保湿成分)です。
  • 開封後はお早めにご使用ください。